2016年5月21日土曜日

1.7 Conclusion

"Panner" まとめ


この章では、いかにしてpannerを作るかということを学びました。

音響の位置を左右のchのレベルを調節することで、
シミュレートすることができたと思います。


より良いシミュレートのために、
delayコントロールも用いるべきですね。

次の章では、いくつかのユーティリティを最初に学び、
その後、delay のコードを用いて、
空間音響について学んでいきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿