2016年5月21日土曜日

2. Utility objects


実用的な機能


導入


より複雑なものを作っていくためには、
様々なユーティリティを用いていく必要があります。

Sample & Hold ( S & H )や、
音声信号のZero-Crossing Rate を用いた Pitch Tracker を学んでいきます。


これらのオブジェクトは、
いくつかの段階を経ながら習得していきます。

まずは、
Single - Cycle 解析を用いたSinusolid Pitch Tracker から、
任意の信号処理を学び、
実際にアプリケーションの例をみたり、
その処理の仕方や概要について学んでいきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿