2017年1月28日土曜日

5. Introduction

フィルターはDSPアプリの重要なツールです。
そしてフィジカルモデリングでの中心的な役割であり,サウンドマニピュレーションとなります。

これまでに信号をスムーズに処理するために用いたSmoothや「Universal Pitch Tracker(2.2.4)」で解析箇所に用いられたハイパスフィルター,ローパスフィルターなどの多くのフィルターを見てきました。

これから他にもサウンドを加工するために用いるフィルターを見ていきます。
例えば「Auto-Wha」です。そこで,不正確な箇所を解決するためにはどうするかを5.1で見ていきます。
また,より直接的な使い方として「Signal Sideband Modulation」を5.2で扱います。

さらに「Adaptive FM Synthesis」を扱うことで,ヘテロダイニングフィルターを5.3で学びます。
最後には,5.4にてフィジカルモデリングを「circular spazialisator」で扱います。

そして,いつものように5.5において計算コストを考え,5.6で簡潔なまとめをおこない,この章の終わりとします。

0 件のコメント:

コメントを投稿